『会社員は辛いのか』初出勤を終えて気付いた3つのことと決意

こんにちはこんばんわ、でぃーごです。

 

春、多くの人が新しい道に進むこの季節。

 

つい先日まで無職だった僕もついに会社員デビューしました!

 

世間では会社員はしんどい、つらいと言われており、仕事行きたくないとか会社辞めたいという言葉も多く聞きますが、僕個人の今の心境としては「経済的安定ができそうでよかった」と思っています。(経済的余裕がないのは精神的にも本当しんどいです)

 

そんなことを考えながら迎えた初出勤も無事に終えたので、会社員1日目を終えての気づきとこれからの決意をみなさんに(未来の自分にも)シェアしていきたいと思います。

 

 

自由時間が驚くほどに少ない

朝起きて、電車に乗って通勤して、会社でガッツリ働いて、また電車に乗って家に帰ってくる。

 

家を出てから帰ってくるまでの時間、実に12時間!(残業なんかがあればさらに何時間かプラス)

 

僕は大体朝は7時頃に起きて夜は12時頃に寝るという生活なので、1日の稼働時間は17時間ほどです。

 

なので自由時間といえばおよそ5時間です。

 

5時間と聞けば長く感じるかもしれませんが、この間に食事やお風呂も含まれていることなんかを考えるとさらに自由な時間は少なくなるでしょう。

 

少し大げさかもしれませんが、会社員の人はみんなこんなにも自由な時間がないのかと驚きました。

 

特にすることもなく動画やSNSを見てゆったりと時間を過ごして休息するのには十分な時間かと思いますが、やりたいことやるべきことが決まっているのならこの少ない時間を有効利用できるようになりたいと思いました。

 

これに初日で気づけてよかったです。

 

毎日与えられた少ない自由時間を使って圧倒的に行動している人たちを見習い僕も動き続けたいと思います。

 

 

満員電車は思うほどきつくない

会社員といえばこれですよね。そうです、毎朝満員の通勤電車。

 

僕は田舎で育って、生まれてこのかた満員電車というものをほとんど経験したことがありませんでした。

 

満員電車と聞いて想像していたのは電車からはみ出している乗客を駅員さんが押し込んでいるシーンでした。

 

でも実際はそこまでではなく、人が密集しているなくらいでした。

 

もちろん、時間帯や乗る路線、僕の感じ方など色々状況によって変化すると思うのですが、満員電車を恐れることはそれほどしなくていいんじゃないかとこの日は思いました。

 

 

1日中スーツはなかなかしんどい

入社日だったのでこの日は1日スーツだったのですが、これがなかなかしんどかったです。

 

就活時は面接の時にスーツを着ていくだけで、せいぜい2〜3時間だけだったのでまだ大丈夫だったのですが、長時間スーツに身を包んでいるとなかなかに窮屈ですね。

 

毎日毎日スーツで出勤しているサラリーマンの方々はすごいと思います。

 

 

会社員1年目の決意

まだたった1日、しかも研修期間の1日が終わっただけなので会社員がどんなものかわかったようでわかっていないことの方が圧倒的に多いと思います。

 

1日目は大丈夫だったことでも1ヶ月半年と続けていくうちにだんだんしんどくなることも必ずあると思います。

 

そうなった時に、しんどいから逃げ出そうとするのではなく、どうすれば良くなるのか改善できるのかを考え行動できたらベストだと思っています。

 

会社員としての道を歩き始めたばかりなのでこの先超えなければいけない試練のようなものがいくつもあると思うので、気を引き締めて日々生活をしていきます。

 

新社会人の方もすでに会社員として働いている方も、しんどいこともあるでしょうけどお互い頑張りましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました