人生を生きていく上で大切なことは松茸を採る父の背中から学んだ

こんにちはこんばんは、でぃーごです。

 

いまだに金欠でなかなか遠出をする機会もないので毎日毎日htmlの勉強や、どうしたらもっと成長できるだろうかということを延々と考えています。

 

そんな時に何気なくスマホに入っている写真たち眺めていたら去年山に登ったときの写真が目にとまり、その時のことを少し思い出したのでこの記事を書いています。

 

毎年秋になると父と山にキノコ狩りもとい松茸狩りにいくのですが、毎日毎日父の後ろにひっついていって学んだことがあるのですが、それが松茸狩りだけではなく長い長い人生を生きていく上で大切なこととリンクしているなと感じたのでそれをみなさんにシェアしたいと思います。

 

周りと比較して焦らないこと

松茸狩りに行く時は基本父と二人か、たまに母も加わり三人で行くこともあります。

 

道中は多少ルートは違えど三人とも同じところを行くので当然先頭を行く人が松茸の第一発見者になることが多いのですが、他の二人に先を来れることに焦ってどんどん先に行くと松茸を見落とすことがよくあります。

 

そして、後から追いかけてきた父に「こんなにたくさん見逃してるじゃないか」と言われるのです。

 

誰かが先に「見つけた!」と言った時も同様に焦って視野が狭くなって、見つかるものが見つからなくなります。

 

このシチュエーションは例えるならば、SNSで誰かが「月収7桁達成しました!」とか発信しているのをみて自分も早くあの人みたいになりたいと焦るばかりに、長い時間をかけてスキルや情報を拾い集めて自分のものにしていくべきところを、近道して誰でも簡単に稼げるという情報に踊らされて色んなものを取りこぼしてしまう。そんな感じです(伝われ)

 

行動しまくって多くのチャンスと巡り会うこと

松茸を求めて山に入ってもどこに生植しているかなんて誰にもわかりません。

 

正確には毎年生えているポイントや、出来やすい場所はありますが実際に行ってみないとわかりません。だから歩き回るのです。

 

歩き回って歩き回って、そうすると今までに見つけることの出来なかったたくさんできるポイント(チャンス)に巡り会うのです。

 

いつもできるところだけを歩いて行動しなかったら、多くの松茸(チャンス)を見逃してしまいます。

 

だから、圧倒的に行動することで新しい多くのチャンスと巡り会うことができるのです。

 

もちろんチャンスは気まぐれなのでたくさん行動したのに巡り会えなかったりもしますが、その圧倒的な行動は決して無駄になったのではなく経験や知識としてちゃんと蓄えられます。松茸狩りでいうとたくさん行動して例えなかったとしても、この道には出来にくいんだなということがわかり、さらに歩いた分体力がupします。

 

なので行動しまくるということは得なことしかありません。

 

 

色んな視点から見てみること

三人で山に入った時、散り散りになって散策をしますがもちろん同じ道を通ることもあります。

 

そうした時に、一人目は見つけられなかった松茸を次に通った人が見つけて一人目の人が「さっきそこ通ったのにー」ということがよくあります。

 

これは、一人目の人と二人目の人が見ている視点が違ったからです。

 

この時、自分が一人目だったとして「そんな視点で見るのはおかしい」と思うか「そうか、そんな視点もあったのかなるほど」と思うのでは得るものが大きく違います。

 

自分と違う視点からの意見などは否定してしまいたくなったりもしますが、柔軟な考えを持ちこんな考えもあったのかと受け入れることで新たな学びとして自分が成長できるきっかけになります。

 

最初から大きな結果が出ることなんてない

父が松茸を採るために山に登り始めたのは10年以上前のことになります。

 

今でこそ大量の松茸を収穫してウハウハしている父ですが、山に入り始めた当初は多く生植しているポイントも知らず、道も間違えて危うく遭難しかけたりしていて、一回登って1本採れたらいいかなという感じでした。

 

当時小学生だった僕も何回か連れて行ってもらったりしていたのですが、松茸は1本も採れず、たくさんの虫にたかられながら山道を歩いていた覚えしかないです(笑)

 

それでも父は毎年毎年登り続けて腰が痛くても登り続けて、道を覚えて、毎年生えるポイントを覚えて現在のようになりました。

 

この父の諦めない姿は純粋にかっこいいと思ったし、見習おうと思いました。

 

ただ山に入るのが好きだから続けられた部分もあると思うのですが、それでも成果がなかなか出なくても行動し続けるのはなかなかしんどかったりもするのですごいと思います。

 

副業にしたって初月から何十万稼げましたということはなかなかなくて、最初は小さな金額から成果がなかなか出ない時期というものを経て成長していくと思うので、父に習って諦めずに時間をかけてでも長く継続していきます。

 

松茸に感謝

以上、松茸を採る父の背中から学んだこと4つでした。

 

人生において大切なことを教えてくれて、うちの家計を支えてくれている松茸と父に感謝して僕は全力で行動していきたいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました