新しい一歩を踏み出すのに不安はつきもの。大切なのはそれとどう向き合うかだ。

こんにちはこんばんは、でぃーごです。

 

最近は雨も多いですが、時折春の暖かさを感じるようになりました。

 

春って何もなくてもポジティブな気持ちになるというか、気持ちが高揚する季節ですよね。

 

そして春は新入生や新社会人が街に溢れてこれから新たな一歩を踏み出そうとしている人の背中を押すそんな暖かさのある季節だと思います。

 

ということで、そんな暖かい季節に僕は新たな一歩として「ミレニアルストーリーラボ」に入ることを決意しました!

 

そこで今回は、ミレニアルストーリーラボの一員になるにあたって、思い悩んだことやこれからの決意などを備忘録として書き記しておこうと思います。

 

 

生き様で人の心を動かすコミュニティ「ミレニアルストーリーラボ」

先ほどから言っている「ミレニアルストーリーラボ」とはなんなのかということを少しご紹介しておきたいと思います。

 

「ミレニアルストーリーラボ(以下ミレラボ)」とはプロブロガーでメディアディレクターであるあんちゃさん(@annin_book)が経営コンサルタントであるイチハヤさん(@hayatoniq)とタッグを組んで立ち上げたコミュニティです。

 

お二人ともその道のプロで実績があり、フォロワーもたくさんいて尊敬しています。

 

ですが、そんなことよりもお二人の生い立ちや人格には今の僕では到底語りつくせないような人を惹きつける、寄り添ってくれるそんな魅力が詰め込まれています。(実際にお会いしたことはないですが…)

 

そんなお二人が作り上げたコミュニティの中で成長していきたいと思い今回の参加を決めました。

 

しかし、参加を決めるまでにはたくさん思い悩みました。

 

 

新しいことに挑むことへの不安

あんちゃさんからミレラボの発表があってから1時間と経たないうちに申し込みをした僕ですが、正直のところ参加しようか結構迷いました。

 

つい最近転職が決まったばかりで仕事がどれほど大変になるのかわからないし、HTMLやCSSの勉強も頑張っているのにまた新しいことを始めたら全てが中途半端で終わってしまうんじゃないか。

 

おそらく相当の熱量を持って参加をしているメンバーたちに置いて行かれないだろうか。

 

自分のような雀の涙ほどしか発信力を持ち合わしせていない自分なんかが参加してもいいのか。

 

そんな不安がたくさん頭の中にポツポツと浮かんできたからです。

 

そもそも自分にはオンラインでのコミュニケーションが多いオンラインサロンやこう言ったコミュニティは向いてないのではないかという考えもありました。

 

そう考える理由は、自分より高い発信力、知識やスキルを持っている人と関わった時に自分がどう見られるかが怖いからです。

 

どういうことかというと、オンラインサロンのようなコミュニティの中には必ずといっていいほど高い発信力を持った人やある特定の分野で高い知識やスキルを持ったその界隈では有名な人がいます。コミュニティを運営しているオーナーはほとんどがそういう人だと思います。

 

そういう人でなければコミュニティに人が集まりませんから。

 

そしてそういった人とネット上や直接話す時必ずといっていいほど「自分なんかが話していいのかな、この人の時間を無駄に奪ってないかな」とか「知識もスキルもない自分と話して相手の人にとっては何の得もないじゃないか、話しててつまらないよな…」などといったネガティヴかつどこか被害妄想的な考えが浮かんできます。普段はアホみたいにポジティブなのに(泣)

 

もちろんそんなのは自分の妄想で実際には相手の方はそんなことを思っていないのかもしれませんが、どうしても妄想してしまいます。

 

また、コミュニティ内のオンラインでのやりとりでも知らない知識を教えてもらうばかりで自分から何かをgiveできることはなく、次第に発言もしなくなってしまうということもあり、自分にはそういう環境は合っていないのかなと考えるようになりました。

 

そんなことから「今回もまた同じになってしまうかもしれない」ということを思い、コミュニティに入るかどうか悩んでいました。

 

 

入ることを決意したわけ

そんなに不安に思っていたにも関わらずなぜコミュニティに入ることを決めたのか。

 

理由は大きく分けて二つあって、一つはここで一歩踏み出さなかったらずっと変わらないままだろうなと思ったこともう一つはあんちゃさんの言動に心を動かされたからです。

 

自分の言葉で自分の力で発信することの重要性を感じ始めた昨年のはじめ頃から今日に至るまで、ブログを作ったり、SNSで発信活動用のアカウントを作って何かしらの情報を発信してみたりしてきました。

 

オンラインサロンに入ってみたりもしました。しかし、先ほども述べたとおり教えられるばかりで自分から何かgiveすることやアウトプットすることはありませんでした。

 

それゆえにまた同じ失敗を繰り返してしまうかなと不安にも思いました。

 

しかし、ここで踏み込めなければ成長できる機会を永遠に失う(少なくとも発信力に関しては)と思ったし、たとえまた失敗することになっても前回の反省を生かして挑戦することにすでに価値があり、その時点で成長できていると思うし、今回は自分の全力でぶつかっていこうと奮起しています。

 

こんな考えに至ったのはあんちゃさんのミレラボメンバー募集メッセージの中に記されていた言葉に心を動かされたからです。

 

応募メッセージの中に何度も出てくる「本気で」という言葉からはあんちゃさんがどれだけ真剣に向き合おうとしてくれているのかを感じ奮い立たせられました。

 

メッセージの終わりの方には「内心は不安な部分もある」というようなことが書かれており、それは「あんちゃさんのようなすごい人でも同じように不安を抱えている」という安心感を与えてくれて、同時に「それでもあんちゃさんは挑戦しているんだから自分も」という気持ちにさせてくれました。

 

そしてコミュニティに入ることを決めました。

 

現在の発信力

ミレラボはただ数字を追いかけるために発信力を身に着けるコミュニティではないですが、半年後の成長を測る指標の一つとして今現在僕にはどれくらいの発信力があるのかというのを書いておきたいと思います。

 

  • Twitterフォロワー数 21人(泣)
  • Instagramフォロワー数 126人
  • ブログ月間pv数 147

 

何とも絶望的というとか、悲しい数字ではありますがこれから半年間でどこまで自分の生き様や考えに興味を持ったり共感してくれる人が増えるか楽しみです。

 

さいごに

ミレラボのメンバーとしてやっていくにあたっての決意や不安を書きましたが、まだ何も始まっていません。

 

これからあんちゃさんやイチハヤさんがどんなことを教えてくれるのか楽しみで仕方がありません。

 

もちろんやるからには本気で挑み、前回の失敗を生かして受け身にならず自ら発信すること、考えて行動しコミュニティを盛り上げていくことに全力を尽くしてみたいと思っています。

 

そんな貴重な機会と場所を提供してくれているあんちゃさんとイチハヤさんに感謝をしながらこの半年間、全力で駆け抜けたいと思います!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました