先輩がバナナアレルギーになった話

 

こんにちはオーストラリアのバナナファームでワーホリ中の素人ブロガーのひろた(@hirota_pnp)です。

僕より3週間ほど前から今いるバナナファームで働いている先輩がバナナアレルギーになりました。

今回はバナナファームの職業病とも言えるバナナアレルギーについて記事を書いてみました。

バナナアレルギーなんて聞いたことないぞ

そんな人が多いとおもいます。

僕もここに来るまでバナナアレルギーなんて聞いたことがありませんでした。

仕事を探ししてバナナファームのことを調べていた時もそんなものは見かけませんでした。

厳密にはバナナの木から出る樹液によって引き起こされるアレルギーなのだそうですが、、、

ちなみにみなさんが考えているようにバナナを食べることによってアレルギーになることもあるようです。

症状としてはかゆみが出るといった感じだそうです。

夜も眠れないらしい、、、

バナナアレルギーになった先輩は仕事の日にアレルギーがひどくて病院に行って飲み薬と塗り薬をもらってきたそうですがそれが効かないらしく夜も痒くて眠れないと言っています、、、

仕事中も勉強中も常に痒くて集中できないそうです。

同じシェアハウスで生活していて常にかゆいかゆい言っていて見ているこっちまで痒くなりそうなくらいで辛そうです。

近いうちにこの仕事を辞めるかもしれないとも言っていました。

それぐらい症状がひどいです。

予防と対処法

このアレルギーの主な原因はバナナの木から出る樹液に触れることによって引き起こされるそうです。

なので基本バナナのジャングルの中で仕事をしている人たちは長袖長ズボンで作業しています。そうすることでバナナの樹液が体に付着することを防ぐことができます。

先輩も長袖長ズボンでしたが、、、

もう一つ大事な予防法が、作業終わりに手を洗うことです。

もちろん仕事が終わった後には泥だらけになって帰ってくるので手や体もしっかり洗うと思うのですが、しっかりと汚れを落とさないとアレルギーになってしまうのだとか、、、

また、アレルギーになってしまった時は先ほども言ったように病院に行って薬をもらうのが一番でしょう。

先ほどの先輩は花粉症持ちで前に似たような強い薬を飲んだことがあるのでそのせいでもらった薬が効かないのではないかと言っているので本来ならばその薬で効くのかとも思います。

みんながアレルギーになるわけではない

当然だろ!!!

、、、という声が聞こえてきそうですが。

僕が言いたいのはこんな記事を見たからといってバナナファームに行くのやめようとか思わないでほしいということです。

バナナの樹液に触れることのない仕事もありますし、触れても全然平気な人がほとんどです。

ただ今回はそんなアレルギーもあるぞってことを紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました