現役無職が考える仕事をしないメリット

こんにちは、無職のひろた(@hirota_pnp)です。

突然ですがあなたは仕事してますか?

ほとんどの人がYESと答えると思います。なぜなら働かないと生活できないから。

でも、できるなら働きたくない!と思っている人も少なくはないのでしょうか?

そこで、現役無職の僕から仕事をしないことのメリットをみなさんに共有したいと思います。

※この記事は無職のただただメリットを伝える記事であって無職を推奨するものではありません。

無職最大のメリット

無職の最大のメリットは自由な時間が働いている人よりも圧倒的に多いということです。

むしろ、自由な時間しかないと言っていいでしょう。

その自由な時間がメリットになるかデメリットになるかはその人がその時間を使って何をするのかによりますが。

その時間をただぼーっと過ごしたり、遊んでばかりいたらニートと変わりません。しかし、自由な時間しかないのであれば大事な誘いにいつでも顔を出すことができますし、自分の好きなことや興味のあることに働いている人よりも時間を費やすことができます。

それが結果、好きなことを仕事にすることや新しいビジネスを始めることにも繋がったりします。もちろんすべては自由に使えるほどの経済的余裕があることが前提ですが。

自由な時間、特に若い頃の自由な時間というものは時間の尊さを知っている方や年配の方がお金を払ってでも取り戻したい時間と言われるほど貴重な時間です。その貴重な時間を他の人よりも数倍、数十倍も持っている無職はある意味最強ではないでしょうか。

その時間を有効に使えている無職はかなり少ないと思いますが。

ストレスフリーになれる

今現在イヤイヤ仕事をしている人、生活するために仕方なく仕事をしている人も少なくはないと思います。

無職は、毎朝ギュウギュウの満員電車に乗ることも、無意味な飲み会に参加させられることも、複雑な人間関係の中に放り込まれることもありません。

つまり、仕事に関することでストレスを感じることは無くなります。

無職も悪くない

無職と聞くと殆どの人がマイナスなイメージを持つと思います。確かに無職はデメリットの方が多いかもしれません。なので今回はメリットだけを紹介しました。

もし今あなたが無職なのだとしても悲観することはありません。

今の僕自身に言い聞かせているのではなく本気でそう思っています。

無職はどんな職業よりも選択の自由があります。どこで誰と何をしようとあなたの勝手です。そう考えたら一ヶ月後、半年後、一年後どこで何をしているか自分でもわからないって楽しいですよね。

僕はもう無職から卒業しますが、無職も考えようによっては悪くないですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました